PRORTECT ALL LIFE

POPE IN JAPAN 2019

ローマ教皇、38年ぶり来日決定。東京・広島・長崎 11月23日(土)〜26日(火)

教皇ミサ応募受付中

来日テーマ 『すべてのいのちを守るため』PROTECT ALL LIFE

  • オフィシャルテーマソング PROTECT ALL LIFE 〜時のしるし〜
  • モザイクアートプロジェクト
  • ローマ教皇 来日記念オフィシャルグッズ
  • 教皇ミサ 応募受付終了 当選結果について

PICK UP 動画

SHARE

  • Twitter
  • facebook

今回の来日について

このたびローマ教皇庁が、第266代教皇フランシスコの訪日を発表したことをご報告いたします。ローマ教皇の来日は、1981年の第264代教皇ヨハネ・パウロ二世以来、2度目となります。
今回の教皇来日のテーマは、「すべてのいのちを守るため〜PROTECT ALL LIFE」です。そのロゴマークも公開しています。今後、行事日程やミサの詳細、関連情報などを随時、本サイト等を通じて発表していく予定です。

歓迎メッセージ

  • 日本カトリック司教協議会会長
    長崎大司教 ヨセフ 髙見 三明

    このたび、日本を訪問してくださるフランシスコ教皇様に、日本のカトリック教会を代表して心から感謝申し上げるとともに、日本の皆様とご一緒に歓迎し喜びたいと思います。
    教皇フランシスコの就任は2013年3月13日でしたが、翌年7月に、当時の司教協議会会長岡田武夫大司教と副会長だったわたしが、招待状を携えてバチカンに参りました。その後、数回にわたって手紙などを通して訪日を要請して参りました。教皇ご自身も、一般謁見の講話の中で日本のキリシタン時代のことに言及したり、「焼き場に立つ少年」の写真の頒布を指示されたりして、訪日に向けていわば伏線を敷いておられたように思います。
    それにしても、教皇訪日は、実に多くの方々の理解と協力がなければ実現できない、大きな出来事であると感じております。数ある国々の中で、キリスト信者が極めて少ない日本に来てくださることを感謝しつつ、少しでも有意義な訪日になるよう、一層気を引き締めて準備に務めて参りたいと思います。
    皆様方のご支援をいただければ幸いでございます。